脂漏性皮膚炎

ロタージェ ホーム 皮膚科 > 脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が多い場所(鼻の周辺や頭皮など)を中心に起こる皮膚炎です。皮脂には本来、皮膚や髪の毛を保護し潤す働きがありますが、分泌量が多すぎると炎症を起こして皮膚が赤くなり、かゆみも出てきます。皮膚が荒れて皮がむけたり、頭皮に症状が出ると、たくさんのフケに悩まされるようにもなります。症状がほかの皮膚炎(アレルギー性皮膚炎や刺激性皮膚炎)と似ているため、脂漏性皮膚炎とは知らないまま間違った手当てをして、治まらないかゆみなどに悩んでいる方はかなり多いと推定されています。

脂漏性皮膚炎はほかの皮膚炎とは異なり、カビの一種(マラセチア真菌)が原因です。マラセチアは誰の皮膚にもある常在菌ですが、皮脂や汗などの分泌物が増えると、それらをエサにして急激に増殖すると考えられています。そのため正しい治療を行わないと、慢性化したり、再発したりして完治しません。
頭皮の脂漏性皮膚炎では、毛髪が細くなったり、脱毛の原因となることもあります。

早めに皮膚科を受診し、適切な対策を
とることが大切です。