帯状疱疹

ロタージェ ホーム 皮膚科 > 帯状疱疹

帯状疱疹とは

帯状疱疹とは、水疱瘡ウイルスが原因で発症する皮膚疾患です。
体の片側に起きる強い痛みと、痛みがある部分にできる帯状の赤み、ブツブツ、水ぶくれが特徴のです。

帯状疱疹の感染について

水疱瘡ウイルスに初めて感染した時は、帯状疱疹ではなく、水疱瘡が発症します。水疱瘡が治ったあとも、ウイルスは神経節に潜んでおり、体調不良やストレス、加齢などで免疫が弱ったとき、潜んでた水疱瘡ウイルスが活発化し、増殖して発症するのが帯状疱疹となります。
帯状疱疹は、他の人に帯状疱疹としてうつることはありませんが、帯状疱疹の患者さんから、水疱瘡にかかったことない患者さんに水疱瘡ウイルスが原因で、水疱瘡としてうつることがあります。

帯状疱疹の再発について

一度帯状疱疹にかかると免疫ができるため、再び帯状疱疹を発症することは少ないです。
しかし、加齢やストレス、体調不良などで、免疫力が下がったときに、帯状疱疹が再発する場合もございます。再発する方は、発疹の場所は1度目の時と異なる場合が多いです。
「発症する場所が前回と異なる」という理由で、帯状疱疹の再発ではないと決めることはできませんので、注意しましょう。

合併症・帯状疱疹神経痛とは

帯状疱疹は、皮膚の表面だけでなく、神経と関係する病気であり、帯状疱疹神経痛という病気を併発する場合があります。
帯状疱疹神経痛では、ウイルスによって神経が傷ついた結果、痛みを抑制する経路に障害が起き、下記のような症状が現れます。

  • 刺すような痛み
  • 焼けるような痛み
  • ヒリヒリ、ズキズキ、ピリピリしたような痛み
  • 締め付けられるような痛み
  • 触れただけで痛い
  • 皮膚の感覚が低下する