ピルの注意事項

ロタージェ ホーム ピル外来 > ピルの注意事項

ピルの処方にあたって内診を行う必要はありません。

服用についての注意事項

  • ピルは性感染症(クラミジア、コンジローマ、HIV等)を予防するものではありません。これらの感染防止にはコンドームを使用することが大切です。
  • 月経が2周期続けて来なかったり、説明どおりに服用せずに月経が来ないときは、妊娠の可能性もありますので、ただちに医師の診察を受けてください。
  • 激しい下痢、または嘔吐が続くときは、薬の成分が吸収されにくくなり、妊娠する可能性が高くなりますので、医師又は薬剤師に相談・報告してください。
  • 他の薬を服用する場合には、必ず医師または薬剤師に相談してください。
  • 安全に服用するためには検診がとても大切です。長期間服用する場合には、採血、乳房・腹部のエコー検査、子宮がん検診を1年に1回は受けるようにしてください。

ピルを飲み忘れてしまった場合

  • 1日のみ忘れた場合

    気づいたときに直ちに飲み忘れた錠剤を服用し、その日の分も通常どおりに服用します。つまり、飲み忘れた次の日に2錠分服用するのです。

  • 2日以上連続してのみ忘れた場合

    飲み忘れが2日以上連続してしまったら、そのシートの残りの錠剤をのむことはやめて、次の月経を待って新しいシートの錠剤をのみ始めます。なお、次の新しいシートをのみ始めるまでは妊娠する可能性があるので、他の方法で避妊しなくてはいけません。

  • プラセボ(偽薬)を飲み忘れた場合

    問題ありません。飲み忘れた錠剤は破棄しておきましょう。

定期検診

次の項目に当てはまる人は、基本的にピルを服用することができませんが、服用できるかどうか、一度ご相談ください。

  • 閃輝暗点の症状がある方(片頭痛の前兆として、視界にチカチカと光が現れ、目が見えにくくなる病状です)
  • 35歳以上で1日15本以上タバコを喫う方
  • 血栓性静脈炎、肝塞栓またはその既住のある方
  • 乳がん、子宮体・頸がん、子宮筋腫 またはその疑いがある方
  • 脳血管、心血管系に異常のある方
  • 肝機能障害のある方
  • 高血圧、血栓症、心筋梗塞にかかったことがある またはその疑いがある方
  • 糖尿病、高脂血症の方
  • 妊娠(またはその可能性)、授乳中の方
  • 最近手術をした、または手術予定がある方

当院でピル処方を受けられる方に、クリニック ロタージェ/院長 林秀樹 監修による『低用量ピルのことが良く分かるブックレット』を差し上げています。