ピルに関するQ&A

ロタージェ ホーム ピル外来 > ピルに関するQ&A

ピルに関するQ&A

ピルに関して、毎日の診療の中で患者さんからよく頂くご質問をまとめました。
ピルに関する不安、心配、ギモン、などなど…クリニックロタージェの院長・林秀樹
お答えします!

ピルって、そもそも避妊薬では…?
はい、ピル=低用量経口避妊薬のことですので、一般的には「避妊薬」と捉えられていることが多くあります。しかしその中身は、女性の体の中で作られるニ種類のホルモン(エストロゲンとプロゲストン)が少しずつ含まれた「ホルモン剤」です。避妊だけでなく、子宮に関する治療等に広く使われるお薬なのです。
ピルを飲むと太るのでは?
確かに過去にはそういったこともありましたが、今ではお薬も随分改良され、服用による体重の増加は多くても500g程度というデータが出ています。当クリニックで処方を行った多くの患者さんを診ていますが、服用することで病的に太ってしまった方は一人もおられません。安心して服用してください。
ピルは毎日飲まなくてはいけないの?
基本的には毎日できるだけ同じ時間に服用することで、ホルモンの調整を行うことがこのお薬の目的ですので、服用方法は守って頂く必要があります。夜寝る前に服用する等、毎日の生活の中で取り入れやすい時間を決めて頂くことで、多くの患者さんが忘れずに服用できるようになるようです。もちろん、数時間程度のズレは問題ありませんので、安心してはじめてみてください。
将来、赤ちゃんを産めなくなるのでは・・・?
ピルに含まれる成分は、女性の体の中で作られるホルモンと同じものですので、ピルが原因で不妊になったり、将来の赤ちゃんに影響があったりすることは一切ありません。ピルを服用している間に妊娠することはありませんが、服用を中止すればすぐに妊娠できる状態になります。妊娠できなくなるのではなく、むしろ「希望するときに妊娠する」ことを可能にするのがピルなのです。
ピルに副作用はありますか?
飲み始めてすぐ~2か月位までの間に、吐き気やおう吐等の副作用が出る場合があります。
(当クリニックでは約10%の方に見られる症状です。)
副作用をできるだけ軽減するため、服用開始1週間程度は吐き気止めを一緒に服用していただくようお勧めしています。
ピルで肌がキレイになるって…ホント?
女性のニキビは、ホルモンバランスの乱れによる過剰な皮脂分泌が原因であることが多くあります。ピルの服用でそのバランスが整い、皮脂量が正常に戻り新しいニキビができにくくなるのは当然の結果です。当クリニックでもいわゆる「大人ニキビ」に悩む方へピルを処方していますが、ほとんどの方が3~6か月以内に劇的な改善をされます。「ニキビがなくなっただけでなく、生理痛も軽くなって嬉しい!」と喜んでいらっしゃる患者さんが多くいらっしゃいますよ。
ピルで生理を止められますか?
ピルは生理を止めるお薬ではなく、ホルモンバランスを整え正しい生理周期にするお薬です。服用を始めると、通常よりも少ない経血量で、規則正しい周期の生理がくるようになります。生理を止めることはできませんが、ピルを使って生理が来る日をずらすことは可能です。詳しくは「ピルを使った生理日移動」をご覧ください。
ピルを始めるために、何か検査が必要ですか?
ピルを正しく・安心して服用して頂けるよう、初診時は問診と血圧測定を行います。内診は不要ですのでご安心ください。服用開始後は半年に1回程度の婦人科検診(子宮がん検診、超音波検査、血液検査)をおすすめしています。
ピルを飲んでいれば、コンドームは使わなくて良いのですか?
ピルの服用は避妊には効果がありますが、クラミジアやHIV(エイズ)等の性感染症を防ぐことはできません。性感染症予防のためにも、正しくコンドームを使用しましょう。
他のクリニックでピルを処方してもらっています。ここでも同じものを処方してもらえますか?
はい、既に継続してご利用であればご希望をお伺いしますが、当クリニックでは初診となるため、最初の診察が必要です。お薬は常に進化していますので、体の状態を定期的にチェックし、よりご自身に合うピルを選択しましょう。

ピルの処方にはご来院が必要です。インターネットでの処方は行っておりません。