子宮内膜症 | 名古屋市栄の婦人科クリニックロタージェ子宮内膜症

子宮内膜症

ロタージェ ホーム 婦人科 > 子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症とは、子宮内腔にあるべき子宮内膜や子宮内膜に似た組織が、卵巣や卵管などの子宮以外の場所にできる病気です。
子宮以外の場所にできた子宮内膜も、本来の子宮の周期と同じような変化が起こります。本来、はがれ落ちた内膜や血液は月経となって膣から排出されますが、子宮外で剥がれ落ちた内膜や血液は排出することができません。そのため、血液の塊ができ、様々な症状を引き起こします。

自覚症状として

  • 重い生理痛
  • 出血量が多い
  • 不正出血
  • 排便・排尿痛
  • 性交痛

などがあります。治療には個々の症状、状況に併せて漢方薬やピルを用います。

漢方薬の処方

生理周期に併せて左の図のように漢方等を使い分けます。これらのお薬は保険適用が可能です。

  • 【月経の3週間前から】

    当帰芍薬散

    当帰芍薬散

    骨盤の中の血流を良くし痛みの物質を早く流し、常に半身浴をしている状態にしてくれる漢方です。

  • 【月経の1週間前から】

    芍薬甘草湯

    芍薬甘草湯

    過剰な子宮の収縮を抑えます。

  • 【月経開始時すぐに】

    ロキソニン

    ロキソニン

    子宮収縮時に出る痛み、月経痛の原因物質(プロスタグランディン)を抑えます。痛みが出る前に服用するのがポイントです。

ピルの処方

子宮内膜は女性ホルモン”エストロゲン”の作用により増殖しますが、このエストロゲンの作用をピルにより抑制することで、様々な症状を軽減します。欧米では一般的に行なわれている治療です。

2008年7月より「子宮内膜症に伴う月経困難症」という診断の保険適応治療薬として『ルナベル配合錠』と『ディナゲスト』が発売されました。長期処方も可能となり、より使いやすくなっています。

その他のピルでも同様の治療効果が望めますが、日本ではピルそのものが避妊目的の使用のみに限定されていますので、ルナベル以外のピルは保険がきかず自費になります。また「ルナベル」「ディナゲスト」は保険適用薬ですが、薬価が高いため、保険適用の3割負担分が他のピルとほぼ同程度の価格となってしまいます。詳細は診察時にご相談ください。

ピルは子宮がん等がある場合処方ができません。事前に必ず子宮がん検診、及び超音波検査を受けましょう。

  • 低用量ピルアンジュ

    低用量ピル
    アンジュ

  • 低用量ピルマーベロン

    低用量ピル
    マーベロン

  • ファボワール

    ファボワール

  • ラベルフィーユ

    ラベルフィーユ